むし歯治療

むし歯の原因は?

むし歯の原因むし歯は歯の質・細菌・糖分の3つの要素に時間の経過が加わることで発生します。
歯垢には「ミュータンス菌」というむし歯の原因になる細菌が含まれており、その細菌が糖分を栄養として歯を溶かしむし歯になります。

むし歯はこうして進行します

歯の表面に小さなむし歯ができます

歯の表面に小さなむし歯ができます

むし歯が神経に近くなると、冷たいものがしみます

むし歯が神経に近くなると、冷たいものがしみます

さらに進行すると、熱いもしみて、痛みます

さらに進行すると、熱いもしみて、痛みます

神経が死んでしまうと、痛みを感じなくなります

神経が死んでしまうと、痛みを感じなくなります

むし歯を放置してしまうと・・・

むし歯が進行しそのままにしておくと、歯の中にある神経に細菌と膿ができ炎症が起こり痛みを感じるようになってしまいます。炎症が起きると細菌が全身にまわって、あらゆる疾患につながる可能性も考えられるため放置をすると大変危険です。
早期発見と早期治療ができればむし歯の範囲を最小限に抑え、健康な歯を維持が出来るので「歯が痛い」「ものを噛むと痛い」などお困りの際はご来院をおすすめしております。

白土歯科のむし歯治療

なるべく削らない治療、神経を抜かない治療

なるべく削らない治療、神経を抜かない治療なるべく歯を削らず、神経を抜かず、ご自身の歯を長持ちさせるための治療にこだわっています。
患者さまの負担を最小限に抑え、痛みを繰り返さないように処置を行います。
小さなむし歯も見逃さず、歯を削る量を最小限にするためにマイクロスコープを使用させていただく事もあります。

痛みの少ない治療を心がけています。

表面麻酔、電動麻酔麻酔時の痛みにトラウマがある方も少なくありません。
白土歯科医院ではなるべく患者さまに痛みの少ない治療を心がけており、麻酔が必要な場合は表面に塗るタイプの麻酔から始め、ゆっくりと麻酔が効いたころに電動麻酔を使い治療を行いますので、歯医者さんに恐怖心のある患者さまにも安心して治療を受けていただけます。

徹底した根管治療

徹底した根管治療むし歯が進行してしまった場合、神経にまで影響を及ぼします。
根管治療とは歯の神経を清掃、消毒し、再感染を防ぐために薬剤などで充填する治療です。むし歯の進行状態によっては2~3回以上繰り返し行います。この根管治療でむし歯の細菌をうまく取り除けていないと、神経を抜いたはずなのに痛みが出たり、再びむし歯になるリスクが高まります。
当院ではこの根管治療を徹底的に行い、必要な場合はマイクロスコープにより精密な治療も行っています。

TOPへ戻る
TEL:0949-22-1348